もっと深読みで演出を楽しむバジリスク甲賀忍法帳

大好きな「バジリスク甲賀忍法帳」と絆の演出を119%楽しみます。

Entries

イヴ&ローク22 Origin in Death

 イヴ&ローク22 Origin in Death 日本語でのタイトルは「この邪悪な街にも夜明けが」。
          イヴ&ローク22 Origin in Death

 2059年11月。ニューヨーク。著名な美容形成外科医が本人のゴージャスなオフィスで殺害されました。しかも医療用のメスで心臓を一突き。この事件の捜査を進める殺人課のイヴ・ダラス警部補は殺害された医師とつながりのある遺伝子学者、私立女子学校の校長などのプロジェクトを見つけました。彼らが行っていたことはヒトクローンを創り、遺伝子を操り、完璧な女性を育てることでした。



 イヴ&ロークシリーズに度々登場する社会派のレポーターであるナディーン・ファーストが後日、「アイコーブ事件」として本を書いています。そしてJ・D・ロブの「イヴ&ローク35」がこの夏に出版されました。
 ナディーンの著書アイコーヴ事件が映画化され、ハリウッドへ招待を受けたイヴたち。夕食会でピーボディ役の女優の溺死体が発見される・・・という内容です。が実はまだ読んでいません。



 イヴ&ロークシリーズとは・・・。ノーラ・ロバーツが別名(J・D・ロブ)で書く、NYPSD警部補イヴ・ダラスと複合大会社のオーナーのロークを中心にした刑事ものの作品です。NYPSDとはニューヨーク市警察治安本部です。
 第一作目Naked in Death「この悪夢が消えるまで」で鮮烈なデビューをしたシリーズですが、ノーラ・ロバーツ・・・やったね!って感じでした。ノーラ・ロバーツとしての作品はロマンスが多く、まぁステキではありましたが。しかしイヴは殺人課の刑事という設定上ノーラ・ロバーツのようなきれいごとばかりじゃない!ことを印象付けました。
 日本で翻訳された一作目が出版されたのは2002年の終わりごろでした。Naked in Deathの舞台ニューヨークは20世紀半ば。現在より50年進んだアメリカ。とはいえSF小説ではなく、犯罪小説です。50年後の世界、こんなことになってるかな~? ITはすさまじい進歩を遂げ、医療や生命力も飛躍的にアップ。交通機関も手段も多様になっています。しかしながら都市戦争もあったという設定です。
 作品の中では頻繁に「オートシェフ」という器械が登場します。このマシンに食事や飲み物、デザートなどを注文します。命じただけでその注文に応えるには相応の食材などをセットしておく必要があると思うのですが、どういう仕組みなのか気にかかります。

  イヴ&ロークシリーズはもう35作まで来ました。毎回楽しみにしていますが、犯罪は多種多様で複雑です。作品ごとに大量のリサーチが必要なものばかりですが一部を省いてよく書けた作品たちです。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Information

プロフィール

そぼろ

Author:そぼろ
ようこそ、mybasiliskへ。バジリスク、これなしには人生を語れなくなってしまいました。
今なお健在の絆やバジリスクⅡはもちろん、新基準のバジリスクⅢも登場、また新たな演出を楽しめそうでございます。バジファンさま大歓迎でございます。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-