FC2ブログ

もっと深読みで演出を楽しむバジリスク甲賀忍法帳

大好きな「バジリスク甲賀忍法帳」と絆の演出を119%楽しみます。

Entries

甲子園球場にもあった青春

阪神甲子園球場
 兵庫県西宮市にある甲子園球場は、高校野球と阪神タイガースで有名ですが、最近の改装工事では以前の姿を残しつつ素晴らしい球場に変身しています。
 先日、土曜日のお昼ごろにお会いする女性とたまたまスポーツクラブのサウナルームで一緒になりました。二人だったので話題に困り、何を話そうかと考えていましたが向こうから話題を持ちかけられ、甲子園の話しで盛り上がりました。
 生まれ育った西宮市の話をしていました。中学当時の友達が熱烈な高校野球のファンで、「夏休みに甲子園でバイトをする!」とその友達は宣言しました。高校野球の開会式では西宮市のある学校の女生徒が各代表校のプラカードを持って先頭を行進します。そのプラカード持ちに選ばれるべく入学した高校で、「身長制限があり、数センチ足りなかった」らしく彼女は選考の対象にもなれず、考えた結果が甲子園でのバイトでした。どうしても高校野球から離れられなかったそうです。
 「二人分申し込んできた」といわれ一緒にバイトするよう頼まれました。頼みではなく要求でしたが。そこで、夏・春・夏・春・夏の5シーズンの高校野球開催時だけ甲子園球場でアルバイト。バイト当時は同じ高校生ということで、毎日代表校の試合を見て、感激したりファンでもないのに悔しがったりしていました。バイト用のパスがあるので、試合が長引いた時や延長戦の時は仕事後、ライトスタンドやレフトスタンドで応援席の応援団に交じって遊んで・・・。楽しかった。
 そんな話をサウナであった女性と話していましたら、彼女も同じ西宮市の出身でしかも同じころに甲子園でバイトをしていた!と聞き二人ともびっくりしました。彼女はあの有名な「甲子園カレー」のお店でのバイト。こちらは毎日移動するスタンドショップ、すれちがいの甲子園でした。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

甲子園でバイトってなんか光栄なことじゃないですか?!すごいですね


バジリスク、なぜ好きになったか。
1人1人個性的な忍術を持っていること。
ちょっと掛け違えていれば幸せになっていた。
あの原作が連載された時代でこの設定が素晴らしくて・・・

さらに、せがわまさき先生のキャラデザインがツボです
一番好きなのが意外と思われそうですが、地虫十兵衛です

甲賀者なのに豹馬と同じく、冷静沈着で2人とも甲賀と伊賀の和睦を受け入れようとしていました

さらにあの一撃必殺技、かっこよすぎです!
天善様の秘術の前に1話でやぶれましたが・・・(笑)

そぼろさんは誰が好きですか?
もはや原作の話になってしまいますが(笑)
  • posted by 甲賀慎之介 
  • URL 
  • 2014.12/01 01:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

お幻さま 

慎之介さま、地虫十兵衛殿が好きなんですか、面白いですね。どの人も一癖あって捨てがたい魅力があります。ほんと、選ぶのが難しいですが、お幻さまが一番。

 慎之介さまはバジリスクのDVDをご覧になりますか? 連載された頃(っていつ?)にオリジナルを読んだわけじゃありませんが、原作・コミック・DVDは全然違いますね。内容も人物も。DVDだけにあるお幻さまと天膳殿の会話で、
 「天膳、どこにおった?」という言葉があり、天膳殿はぼかしていますが、あの織田攻めのこと。天膳殿がお幻さまと弾正様の中を裂こうとして、織田軍の攻撃を利用して甲賀が伊賀を攻めたと思わせました。その頃、伊賀の中に如月左衛門さまのような術を使える者がいて、天膳殿が甲賀ものの攻撃と思わせたようです。

 そのご、お幻さまは朧ちゃんを後継者にしました。たぶん天膳殿はかなり不満だったと思います。忍者としての能力もなく幼い朧ちゃん。

 お幻さまは何故朧ちゃんを後継者にしたのか? 深読みが過ぎるかもしれませんが、お幻さまと弾正様。朧ちゃんと弦之介様。同じように悲惨なことになると感じたお幻は、唯一天膳殿と勝負できる朧ちゃんを大切にしたのではないか? ちがう? はっきりとは知らされていない天膳殿の不死身。伊賀で対抗できるのは朧ちゃんの破幻の瞳だと思うのですが。

 先を見通してお幻さまは、織田攻めと天膳殿の欺瞞を見て見ぬふりをしたのかな。お幻さまはどんなことも無理強いしないし、誰かを責めないし達観したところがあります。

 それにしても、せがわまさきさま! 若いころは美しい女性に描いてくださったお幻さまを、慶長9年には歯が2本しかない皺くちゃばばぁ! あんまりじゃないですか。
  • posted by そぼろ 
  • URL 
  • 2014.12/01 13:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Information

プロフィール

そぼろ

Author:そぼろ
ようこそ、mybasiliskへ。バジリスク、これなしには人生を語れなくなってしまいました。
今なお健在の絆やバジリスクⅡはもちろん、新基準のバジリスクⅢも登場、また新たな演出を楽しめそうでございます。バジファンさま大歓迎でございます。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-