FC2ブログ

もっと深読みで演出を楽しむバジリスク甲賀忍法帳

大好きな「バジリスク甲賀忍法帳」と絆の演出を119%楽しみます。

Entries

嵐が丘をもう一度

 先日、再度「嵐が丘」を読んでみようかなと思って、探していましたら別の興味深い本も見つかりました。
嵐が丘(上・下)
 たくさんの本を読みますが、英米文学と歴史ものが大好き。嵐が丘とは離れますが、洋書を和訳で読むと翻訳者のなんらかの感情が入っているようで面白くないのですが、すべてをオリジナルで読む力がないのが残念です。
 嵐が丘=Wuthering Heights 風と共に去りぬ=Gone With the Wind アルジャーノンに花束を=Flowers for Algernon・・・などのタイトルは直訳でわかりやすいし理解も深まるのですが、日本人に受けるよう出版社があらたに考えたタイトルの本が多いです。映画でもそうかな。
お気に入り洋書1

 嵐が丘は復讐ものでしたよね、まだ読み返していませんし、すっかり忘れました。これはまたの機会に。

 別の興味深い本っていうのは「伊賀忍法帳」山田風太郎さま。数年前に1千冊くらいリサイクルの出し、いまでは失ったことを後悔している本もありますが、この見つかった伊賀忍法帳は買っていたことも忘れていましてもちろん読んでもいません。山田風太郎さまの本は「甲賀忍法帳」を知る前は「魔界転生」しか読んだことがなく、甲賀だってバジ好きになっていなければ読んでいなかった可能性があります。近いうちに読んでみます!(^^)!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Information

プロフィール

そぼろ

Author:そぼろ
ようこそ、mybasiliskへ。バジリスク、これなしには人生を語れなくなってしまいました。
今なお健在の絆やバジリスクⅡはもちろん、新基準のバジリスクⅢも登場、また新たな演出を楽しめそうでございます。バジファンさま大歓迎でございます。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-