FC2ブログ

もっと深読みで演出を楽しむバジリスク甲賀忍法帳

大好きな「バジリスク甲賀忍法帳」と絆の演出を119%楽しみます。

Entries

伽古屋 圭市 著「パチプロ・コード」

伽古屋 圭市(著) パチプロ・コード

 冤罪事件で会社を解雇された男性。クビになって以来、パチプロとしてなんとなく日々を送っている主人公はある日、いつものようにホールでパチンコに興じていたところ謎の美女と出会い、大当たりを引くための違法なセットロム"ゴト"を使って一儲けすることになりました。
 さらに1人の仲間に引き合わされ、協力して暗号の解読をすることになってしまいました。実は、2人に裏ロム販売を指示していた黒幕が売上金を独り占めして姿を消し、金庫に残していったものがその暗号だったのです。
 仲間に加わった男性は暗号解読に乗りだしますが・・・。

 そして話しはミステリーに。読み始めはパチンコ界の裏話かなと思ったのですが、作品は素敵なミステリーへと発展しました。

 「パチスロ・コード」(2010年2月)作者の伽古屋 圭市さんは、調べによりますと「パチンコと暗号の追跡ゲーム」で宝島社主催の第8回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞した方でした。まったく知らずにほんとうに失礼(-"-)
 大阪府出身で現在は東京都在住。2000年の3月末に9年間勤めた役所を退職。その後、神戸、神奈川、福岡と全国を放浪し、現在はパチプロとして生計を立てている、そうです。

 本当にパチプロとして暮らしているって?

 『このミステリーがすごい!』という賞も知りませんでしたし、受賞した作家さんたちも知らなかったのですが、読んでみると「さすが!」という面白さです。この作品「パチプロ・コード」は偶然図書館で見つけたもので意図して読んだのではないのですが、日本のミステリもずいぶん変化したな~って感じました。

 古臭いかもしれませんが、横溝正史さんや乱歩・・・もっとくだけて「コナン」はよく読むのですが、これまで知らなかった作品にも興味を持ちました。英米ばかりじゃないですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Information

プロフィール

そぼろ

Author:そぼろ
ようこそ、mybasiliskへ。バジリスク、これなしには人生を語れなくなってしまいました。
今なお健在の絆やバジリスクⅡはもちろん、新基準のバジリスクⅢも登場、また新たな演出を楽しめそうでございます。バジファンさま大歓迎でございます。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-